Innovation Japan 2016
Innovation Japan 2016
Home > 出展者一覧 > エブリセンスジャパン株式会社
東京都

エブリセンスジャパン株式会社

小間ED-09
プレNEDOプレゼンスペースA

災害救助活動支援自律小型活動センサー「EveryStick」

主に災害救助員向けの高機能防護服に付帯するウェアラブルデバイスのリファレンスプロダクトEveryStick

出展ゾーン
NEDOゾーン
出展分野
ED:装置・デバイス
小間番号
ED-09
プレゼンテーション
NEDOプレゼンスペースA
2016年8月26日(金)
10:45~

出展概要

製品・技術の名称
災害救助活動支援自律小型活動センサー「EveryStick」

 

展示の概要
Everystickは、奈良先端科学技術大学院大学(ユビキタスコンピューティングシステム研究室・荒川豊准教授)との共同研究により開発中のウェアラブルデバイスです。加速度、角速度、磁気、照度、心拍等、位置情報の取得が可能です。さらに、Everytickに接続するIoTプラットフォームであるEverSense、汎用環境センサーEveryStampの展示も行います。

 

コアの技術・特許情報
慣性航法により、室内、構内、船舶内において、GPSやスマートフォンに依存せず位置情報の取得が可能です。

 

特徴・ポイント
・Sub1G無線とマルチホップにより、単体で最大100m程度の非見通し通信が可能。
・衣服内温度をオフセット誤差10℃、計測誤差±1℃程度で計測転送可能。
・衣服内温度による熱中症警告管理と転倒検出処理を、管理システム側に
実装し、熱中症予知警告、転倒判断が可能

 

想定される提供先・提供先へのメリット
ご提供先:消防署
→高機能防護服に付帯し、災害救助員の熱中症などの体調変化を検知、予防。

 

主な実績
・量産化設計、信頼性試験、試験販売開始(2017年度)
・試験導入、特定エリアでの稼働試験実施。関係省庁への展開(2018年度)
・調達開始(2019年度)

 

出展者プロフィール

エブリセンスジャパン株式会社 設立:2014年5月 資本金:1,000万円 従業員数:6名
事業概要:IOT分野における無線ネットワークと電子機器に関する研究開発、センサーデバイスの研究開発およびセンサーデータ等のビッグデータ解析基盤技術の開発

お問い合わせ先

エブリセンスジャパン株式会社

電話:03-6890-0598  

URLまたはメールアドレス:http://www.every-sense.com/

プライバシーポリシー
Copyright © 2016   イノベーション・ジャパン2016運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop