Innovation Japan 2016
Innovation Japan 2016
Home > 主催者挨拶

主催者挨拶

JST濵口道成理事長
国立研究開発法人
科学技術振興機構
理事長
濵口 道成

未来共創イノベーションを先導

2020年の東京オリンピック・パラリンピックへの機運が高まりつつある中、世界を見渡せばいま私たちを取り巻く環境は社会構造や産業構造の大転換期にあり、海図なき航海の最中にあるといえます。JSTはイノベーションのナビゲーターとして、わが国の科学技術の発展を牽引し、広く世界を先導する組織として活動しています。さらに産学官をつなぐ中心的な役割も果たしており、この大学見本市はJSTの特徴を活かした成果の見える化でもあります。

本見本市は今年で13回目を迎え、これまでの開催実績をあわせると約5000の大学等の研究成果を展示しており産学官からの期待はますます大きくなっています。また大学等のシーズと産業界のニーズの新たな結合による知の創出により社会還元へのスタートの場となっており、毎年2万人以上の企業関係者および大学関係者が来場しております。さらに今年20周年を迎えたJSTは、未来共創イノベーションを先導する一環として隣接ホールで『JSTフェア2016~科学技術による未来の産業創造展~』を同時開催いたします。大学見本市における大学等発の400展示に加え、JSTフェアにおけるJST発の200を超える展示をご覧になることが出来ます。

国立研究開発法人として“成果の最大化”という使命を遂行するため、本年度も全国の大学等から新たな「知」が集結した本見本市が、科学技術イノベーションの創出のきっかけとなるよう努力してまいります、ぜひご来場ください。

NEDO古川一夫理事長
国立研究開発法人
新エネルギー・
産業技術総合開発機構
理事長
古川 一夫

オープンイノベーションの触媒となる
新分野に挑戦するベンチャー・中小企業の
シーズを紹介

日本の持続的な経済成長のためには、新たな有望成長市場の創出に向けてのスピード感ある価値創造と、産学官一体となったオープンイノベーション推進によるイノベーションの共創が求められています。

「産業技術力の強化」をミッションの一つとするNEDOでは、産学官連携の触媒的な役割を果たしイノベーションの共創を刺激すべく、起業家人材育成から研究開発型ベンチャー・中小企業への支援を通じた新市場創出と経済成長の加速を目指しています。

本年の「イノベーション・ジャパン2016 ~大学見本市&ビジネスマッチング~」には、NEDOが支援するアーリーステージのベンチャー企業から中小企業まで、産業分野を横断した有望なシーズが多数出展いたします。
NEDOゾーンでは、シーズとニーズの出会いの場にとどまらずマッチングエリアを広く設け、出展者との情報交換や商談の環境を提供させていただきます。是非とも、本イベントを産業界のオープンイノベーション推進にお役立てください。

本イベントが産学官連携によるオープンイノベーションの「結節点」となり、来場される方のニーズと出展者のニーズが交わる機会がイノベーションの共創につながり、ベンチャー企業・中小企業の成長と新たな有望市場の創出に寄与することを期待します。

プライバシーポリシー
Copyright © 2016   イノベーション・ジャパン2016運営事務局 All Rights Reserved.

PageTop